2015年2月 2日

高濃度カテキン茶は本当に痩せるのでしょうか?

近年、健康やダイエットに関心がある人の間でカテキンが話題になっていますね。

カテキンは緑茶などに含まれている成分で、茶の苦みや渋みの元になっているものです。

昔からカテキンには殺菌や抗酸化効果があると言われていて、
緑茶でうがいをすると良いという民間療法があったり、
緑茶せっけんや緑茶消臭剤のような商品も販売されているようです。

そして最近注目されているカテキンの効果は、
食事の時に摂取すると、脂肪や糖分の吸収を抑えてくれたり、
身体の酵素を活性化させて体脂肪を減らしてくれるというものです。

トクホの健康飲料の中にもカテキンを使ったものが沢山ありますね。
カテキンは脂肪を燃焼しやすくしてくれるので、いかにもダイエットに効果がありそうだと思う人も多いでしょう。

確かにカテキンは、血液をサラサラにして血中コレステロールを低下させる働きがあるので、
コレステロールの高い人が摂取すると良いと言われています。

カテキンの中でも、更にカテキン濃度を高くした高濃度カテキンは、
ダイエットを考えている人なら積極的に取り入れているかもしれませんね。

でも高濃度カテキン茶を飲むと、本当に痩せるのでしょうか。

高濃度カテキンは運動前に飲むと、ダイエット効果が高いと言われているそうです。

体脂肪が高めの人が運動前に摂取すると、
脂肪を燃焼する効果があるので、ダイエットに繋がるということですが、
逆にいえば、運動前に飲まないとダイエット効果は半減するでしょう。

それにダイエットの必要がないような人は、
高濃度カテキン茶は気をつけた方がいい場合もあるようです。

例えば、2007年にカナダで高濃度カテキンのサプリを服用して
肝臓移植をしなければいけないほどの肝障害を患った人がいると言われています。

また、アメリカでは肝臓疾患のリスクについての注意書きもあるみたいですし、
イタリアでは肝臓を悪くした人の8割以上が、服用を中止すると症状が改善したそうです。

高濃度カテキンは痩せる効果もあるみたいですが、
摂取する方法や、人によっては健康に被害が及んでしまう危険性もあるようです。

いくら痩せる効果があっても、体調を崩してしまうと困りますね。

なので普通のカテキンなら問題ないと思いますが、
高濃度茶カテキンについては、飲み方などを少し注意した方が良いかもしれません。

痩せるツボをいろいろ探してみました!

私たちの体の色々な場所には、ツボと呼ばれる部分があります。
そのツボを刺激することによって、体調を良くしたりあらゆる諸症状を改善させることができるって知っていますか?

ツボ刺激は知っていても、実際にどの部分のツボがどういった効果があるのか・・・
よく分からない人もいるかもしれませんね。

間違った部分を押したからといって、体調が悪化するわけではありませんが、
どうせなら正しいツボの場所を知って刺激した方が良いと思います。

ツボには、様々なポイントがあるのですが、
脂肪燃焼を促進するツボや、代謝をよくするツボ、食欲抑制のツボ、むくみを取るツボなどがあって
ダイエット効果が高いツボがあります。

ツボを刺激するだけでダイエットできるなら、
つらい思いをしなくてもいいし、お金もかからなくて良いですよね。
なので、ダイエットしたい人はツボを覚えておくことをおススメします!

まず、食べすぎを抑えるための食欲抑制のツボ。
耳の穴の近くに少し盛り上がっている部分がありますが、ちょうどその下のへこんでいる所です。
この部分を軽く押すだけで、食欲が抑えられるので食べすぎを防ぐ事ができます。

また親指の付け根付近のふくらみや、
唇の横の口角の横、地倉と呼ばれるツボも食欲を抑える効果があるので、
気が付いたときに軽く押してあげると、ダイエットに繋がると思います。

それから脂肪燃焼を促進したり、血行を良くするツボはお腹にあります。
おへその4センチくらい上にある中かんというツボ。
あまり強く押すと胃に良くないので、優しく数回押してみると良いでしょう。

身体の代謝を高めてくれるツボは、背骨にあります。
首を下に曲げると背骨に突起が出来ると思いますが、その下の骨と骨の間のへこみがツボです。
代謝の良い身体になると、ダイエットしやすいですよ。

むくみが気になっている人は、膝の曲げる所から指4本くらい下のふくらはぎの部分を押すと良いです。

http://xn--s-qeu5buc2346csb5a.net/nanba.html

ツボを刺激する時は、呼吸の吐く息に合わせて押すと効果的です。
強く押しても効果は変わりませんし、逆効果になってしまうかもしれないので、
自分が心地よいと感じるくらいの強さで押すようにしましょう。

ツボを押すだけのダイエット法は、副作用もなくて安心。
テレビを見ながらでも簡単にできるので、ぜひ皆さんも試してみてくださいね!

綾瀬はるか、合成写真の真意とは・・・

先日、綾瀬はるかや石原さとみなどの8人が、
週刊実話に損害賠償を求めた訴訟の判決が出たそうですね。

この訴訟は、一昨年の11月、合成写真を勝手に週刊誌に掲載されたことで、
人格権の侵害にあたるとして出版社である日本ジャーナル出版に、計8800万円の損害賠償を求めたものでした。

合成写真にも色々ありますが、
問題となっているのは、2013年11月21日号の週間実話で、
「勝手に品評!芸能界妄想オッ×イグランプリ」というタイトルのもと、
女性の芸能人25人の顔写真と裸の胸のイラストの合成画像を使用したという部分。

それに対して2014年3月に、女性芸能人8人と所属事務所、日本音楽事業者協会など提訴していたそうです。

原告の女性芸能人は、綾瀬はるかと石原さとみの他に、元AKB48の前田敦子、藤原紀香、
篠原涼子、国生さゆり、深田恭子、優香といった人達。

その訴訟の判決として東京地裁は、計640万円の賠償を命じる判決を下しました。
計640万円ということは、1人あたり80万円ということですね。

原告側が主張していた「パブリシティー権」の侵害については、
「ファンが写真を手に入れるために雑誌を買うとは考えにくい」という理由で、認められなかったみたいです。

しかし、顔写真とイラストの合成といっても、
イラストはとても精巧に書かれていて、合成だと分からないくらいのレベルなので、
女性に不快感を抱かせ、限度を超えた侮辱行為に当たると言われています。

週刊実話というと、昔からゴシップで有名な週刊誌ですが、
少し度が過ぎてしまったのかもしれませんね。
合成写真などは、時々ネットでも見かけることはあるものの、
やはり情報誌でそういったカゲキな写真を掲載するのはマズかったのでしょう。

原告側からすると、総額8800万円を求めてたので、
裁判の結果、賠償金は大幅ダウンになりますが、
それでも訴えを起こしただけのメリットはあったようです。

なぜなら、この訴訟の真意は「芸能人の人格権や著作権を守る」というものであったのではないかと言われているからです。

本当のところはどうか分かりませんが、
こういった週刊誌の記事の内容については、
明らかな顔と胸の合成写真よりも、もっと言及する部分があるのではないでしょうか。

2013年8月28日

水が1番大事!

私は体が心配になるので、1番気にかけているのは水です。

人間は食べ物がなくても1週間は生きて行かれるのですが、水がなかったら長く生きられないから体には水は重要です。

日本人は水がたくさんあるから、いかに水が重要なものなのかが分からないようですけれども、実は水はかなり大事なものです。

外国人なんかは、水の重要性を知っています。

 

私は温泉水99の効果があると聞いたので飲んでいます。

水をいいものを飲んだら、健康にもきれいにもなれるのでうれしいです。

私はキレイになることにも健康になることにも貪欲ですから、水にはこだわっていくのです。

 

友人は、水にお金を使うのはもったいない!

とか言う子もいますが、そんなことを言ったら全然きれいにも健康にもなれません。

水と安全は、タダ!

とか思う子もいるのですが、どちらも高いお金を出して自分でつかむものです。

 

私はほかにもさまざまな水を飲んで、効果が高いものを選んでいきたいです。

モデルさんや女優さんも、

「いい水を飲むことは、常識!」

と言っています。

もっと、水の重要性は気にかけていきたいですね。

 

水をいいものを摂取できたら、私はさらに健康になっていかれると思うので、うれしくなってしまいます。

世界中の水の中から効果が高いものを選ぶことができたら、私の体も元気にきれいになっていくでしょうか?

 

 

 

 

2013年8月26日

週2回、水を取りに行っています!

別に、福島での原発の問題だからってわけではありませんが、

私はとにかく水道水を飲むことはしません。

長期的に見て、人体にとっては必ずしもいい影響があるわけではありませんからね。

ということで、私が日ごろ、どのように水を摂取しているかというと、

ちかくのスーパーに定期的に水を取りに行っているのであります。

また、これがすごく面倒臭い作業なんだけどね。

原付バイクに乗って、4リットル入るボトルを袋に入れてブーンって、

スーパーの前まで走るわけ。

で、到着したらそのボトルを持って水を給水します。

3つのボトルを持っていっているからすごい量になるんだ。

全部で14kg。すごくない?この重さ!

特に夏場なんて水の消費が激しい時期でもありますから、

週に2回は水をとりにいかないといけないってことですよ。

大変なのですが、無料なのですごく助かっています。